インターネットマーケティングコンサルタント大内雅司がブログとメルマガを連動してYouTubeやFacebookなどのSNSで情報拡散して集客して稼ぐ方法を伝授します。

大内雅司コンサルタント事務所

 090-1352-8858

営業時間・情報

月〜金:10:00 - 16:00
土〜日:定休日

大内雅司SNS

アクセスアップ

HTMLタグを使って検索結果を上位表示させよう。

投稿日:

検索結果を上位表示させる5つのHTMLタグ

 

Googleなどのっ検索サイトは、HTMLの構造を見て

検索結果の表示順位を決めています。

 

そのため、検索サイトの処理に適切なHTMLの構造にすれば、

検索結果の表示順位を上げることで集客をアップできます。

 

①<TITLE>タグ

検索サイトがもっとも重要視しているのが<TITLE>タグです。

 

<TITLE>タグには、必ずキーワードを盛り込みましょう。

 

また、2つのキーワードを組み合わせて検索されることも多いので、

<TITLE>タグに関連する単語を2つ入れておきましょう。

 

②<h1>タグ

 

大見出しとなるタグです。

 

<h1>⇒<h2>⇒<h3>の順で見出しのレベルが小さくなっていきます。

 

検索サイトは大見出しを重視するので、

<h1>タグにはキーワードを盛り込みましょう。

 

③<STRONG>タグ

 

強調タグです。

Webブラウザで表示すると太字になります。

 

太字となるような重要な部分には、

キーワードが含まれている事が多いはずです。

 

④<imag>タグのalt属性

画像の説明テキストを入れるタグです。

 

検索サイトは、画像の内容まで理解できません。

 

<img>タグのalt属性にキーワードを入れて画像に何か

書いてあるのを説明する必要があります。

 

画像にリンクを張っている場合は特に有効です。

 

⑤<p>タグ

 

段落タグです。

 

見出しや強調タグだけで文章が出来上がっていると不自然です。

 

話のまとまり毎に<p>タグで囲みましょう。



スポンサーリンク



-アクセスアップ

Copyright© 大内雅司コンサルタント事務所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.