イライラの原因を一人で考えてみる

イライラしているときは、頭に血が昇っている状態だと言っていいでしょう。
そのようなときは、まずは気持ちを落ち着かせ、頭を冷やすことが大事です。
冷静になれば、なぜ苛立っていたかを分析できるからです。

イライラすると思ったら、まずは深呼吸をしてみることです。
そして、できればその場を離れることです。

一人になることができれば、理想的でしょう。
一人になって、「なぜ、イライラしたのか」を考えてみることです。

嫌なことを言われたことが原因ならば、「チェッ、くそったれ」などと小声で悪態をついてもいいでしょう。
そして、「はぁ・・・・思うようにはならないな」とつぶやいてみましょう。

気持ちが落ち着いてくれば、「この世は思うようにはならないものだ」ということが認識できるでしょう。
そうすれば、「だったら少しでもうまくいくように努力しようか」という気持ちにもなれるのです。

「それは分かるが、なかなか感情がおさまらないのです。」という方もいるでしょう。
そういうとき、少しでも、冷静になれるよう、その心得を知っておきましょう。

注意するのは相手を思ってのこと

注意する人は、相手の事が憎くて注意しているのではありません。
その人がうまくいくようになればいいと思って注意するのでしょう。

注意してくれることは、ありがたいことなのです。

注意されてイライラしたら、ちょっと席を外し、深呼吸などして、「注意してくれる人は親切な人」ということを思い出してみてはどうでしょうか。
そうすれば、なぜ注意されたかが理解できるのです。
それは、自分にとって大いにプラスになることだと思います。



スポンサーリンク