疲れ目に効く栄養素は、さまざまな食品に含まれています。

最も安心な目薬は「涙液タイプ」

市販の目薬で最も安心なのは、人口の涙液タイプのものです。
ただし涙をさしているようなもので、悪くはありませんが、それ以上でもそれ以下でもありません。
ビタミンが配合されている目薬は、いわゆるサプリのようなものです。

また、市販の目薬には防腐剤が添加されたものがありますが、なるべく含まれていないものを選んだ方がいいでしょう。
ただし、使用期限が短めなので、開封後は早めに使い切り、期限が過ぎたら絶対に使用しないようにします。
防腐剤が入っていない目薬は、小分けになっているので分かります。
市販薬では「第一類医薬品」となっているものが、最も効果を期待できます。

充血を抑える目薬はあまりおすすめできません。
目薬によって充血を無理やり抑えても、根本からの解決にはならないからです。

また、清涼感を味わえるクールタイプの目薬の中には、「疲れ目に効く!」と宣伝されているものもありますが、眼精疲労そのものを改善する効果はありません。
すっきりした刺激によって、効いたような気分になるのです。

強い紫外線を浴びて目に違和感を覚えた場合は、迷わず眼科へ行って目薬を処方してもらうようにしてください。
この場合、抗炎症作用があるステロイド点眼薬の効果が期待できます。

6つの栄養素で疲れ目解消

疲れ目を緩和するために、特定の栄養素を食事で積極的に摂る方法も考えられます。
代表的な6つの物質は以下の通りです。

①オメガ3脂肪酸
②アントシアニン
③レスベラトロール
④アスタキサンチン
⑤タウリン
⑥トリプトファン

(注意)
目薬は保管場所と使用期限が大切
①要冷蔵
②直射日光を避ける
③使用期限
など・・・・