下座の心とは、「させて頂く」の心です。

面倒をみてやるのではなく、「みさせて頂く」の心です。

この心が礼拝の心です。

下座の心になるためには、いっさいのものを神として意識する訓練が必要です。

いっさいを神と感じ、信じるものが人生の勝利者です。

神にお仕えするという気持ちになれた時、正しい感じ方と行い方が自然に生じてきます。

親も子も友人も、犬も猫も草花も、すべてが神なのです。

すべてを神として受けとる境地が、感謝礼拝の境地です。

ヨガの会ではすべてのものに合掌礼拝します。

拝む境地の人が、真の人格者です。

相手を神とするか否かで、全く逆の心と行為になります。

心を意識的に尊くすることによって、人間としての真の喜びを得ることができます。

自他を尊び大切にsる愛行の境地が「信仰心」です。

自他を神として敬愛する心に、正しさが生まれてきます。

合掌



スポンサーリンク