人間を含むあらゆる動物にとって唯一のエネルギー源は、口から摂取する飲食物です。
私たちが元気に生活するためには、食事に含まれる栄養素からエネルギーを得たり、体の調子を整えたりする必要があります。

栄養素はその働きや性質から、たんぱく質、脂質、炭水化物、無機質、ビタミンの5種類に分類され、「五大栄養素」とよばれます。

また「三大栄養素」と呼ばれる、たんぱく質、、脂質、炭水化物は、身体活動をするためのエネルギーを得られるものであるため、休息法や疲労の回復を考えるうえでは、特に重要なものとなってきます。

しかし、日々のエネルギー源であるはずの食事は、摂り方を間違えたり偏り過ぎたりすると、逆に体を疲れさせたり、病気を誘発する原因になったりしていまします。

身心を癒し、活力源とするためにはどのようのことに気をつけて毎日の食事を取ればいいのかを考えていくべきです。



スポンサーリンク