インターネットマーケティングコンサルタント大内雅司がブログとメルマガを連動してYouTubeやFacebookなどのSNSで情報拡散して集客して稼ぐ方法を伝授します。

大内雅司コンサルタント事務所

 090-1352-8858

営業時間・情報

月〜金:10:00 - 16:00
土〜日:定休日

大内雅司SNS

ASPの特徴

ホームページやブログへ広告を貼ろう!

投稿日:

まずはECサイトへ提携申請

 

ASPに登録して管理画面にログインすると、

たくさんのアフィリエイトプログラムの情報が並んでいます。

 

業種や報酬を条件に盛り込んだり、

キーワードを検索などを使ったりして、

希望のECサイトを探しましょう。

 

商品内容や報酬の条件で希望に合うECサイトが見つかったら、

さっそく提携申請をしましょう。

 

ASPの登録時にも審査がありましたが、

個々のECサイトと提携をする際にも、
ECサイトの担当者のチェックが必要になります。

 

それは、たとえば、

「アダルトコンテンツを含むホームページやブログなどのサイト」

とは提携しない。

 

「準備中のページが多いサイトはダメ」など、

ECサイトごとの提携の承諾基準があるためです。

 

中には、審査なしですぐに提携できる

ECサイトもあり、

その場合には、「提携申請」ボタンをクリックすれば、

すぐにリンクを作成できます。

 

ECサイトの提携の承認基準は、

それぞれが異なりますが、

提携を見送られるケースが多いときは、

以下のポイントを見直してみましょう。

 

1.ホームページやブログなどのサイトのテーマや目的が商品と会っているか?

2.サイトのURLが間違っていないか?

3.準備中のページが多すぎないか?

4.ECサイトの掲載基準の抵触しそうなコンテンツや広告が含まれていないか?

 

リンクを作成してホームページやブログに貼ろう!

 

提携が成立したら、次はアフィリエイトの広告を

自分のホームページやブログなどのサイトへ貼る作業です。

 

リンクの種類を選び、

貼りたい広告素材のHTMLソースを

まるごとコピーします。

 

それを、自分のホームページやブログなどのサイトへ

貼り付けます。

 

ホームページ・ビルダーなどのソフトを使っている場合は、

HTMLソースの編集画面で、バナー広告や商品画像などを

挿入したい場所に、ピーした広告素材のHTMLソースを貼り付けます。

 

ふだんHTMLソースの編集を行ってない人は、

ページを確認しながら編集できる画面に

「バナー挿入箇所」といった仮のテキストを入力し、

その後、HTMLソースの編集画面を開いて、そのテキストを探し、

アフィリエイト用のHTMLに置き換えると間違いを減らせます。



スポンサーリンク



-ASPの特徴

Copyright© 大内雅司コンサルタント事務所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.