インターネットマーケティングコンサルタント大内雅司がブログとメルマガを連動してYouTubeやFacebookなどのSNSで情報拡散して集客して稼ぐ方法を伝授します。

大内雅司コンサルタント事務所

 090-1352-8858

営業時間・情報

月〜金:10:00 - 16:00
土〜日:定休日

YouTube動画

DRM(ダイレクトレスポンス・マーケティング)とは何かを簡単に説明します。

投稿日:

DRM(ダイレクトレスポンス・マーケティング)とは、顧客へサービスや商品を直販するために顧客から直接にレスポンス(反応)を求める仕組みを構築することです。
なんだか難しい説明をしてしまいましたので、もう少し簡単にご説明しますね。
DRM(ダイレクトレスポンス・マーケティング)とは、販売者がサービスや商品の広告をして直接お客様からの反響に基づいて直接販売を行うことです。
一般的な販売は、仲介者を開始て消費者へ行われていますが、DRM(ダイレクトレスポンス・マーケティング)とは、直接販売なので仲介業者の存在はありません。
【ダイレクトレスポンスマーケティングのメリット】
1.仲介業者の手数料がいらないので消費者の負担が軽減できる。
2.直接販売なので時間が短縮できる。
3.場合によっては、販売者の利益が増える。

【DRMの3つのステップ】
1.集客・・・見込み客を集める。
2.教育・・・販売者と見込み客の関係性を築く
3.販売・・・販売者から消費者へサービスや商品などの価値提供をする。

(例)テレビの通販番組
テレビでの宣伝のあとに「今すぐフリーダイヤルへお電話を!」
というように直接、消費者からの連絡(レスポンスを)を促しています。
この様な広告はただ単なる宣伝にとどまることなく、消費者からのダイレクトレスポンスを促しています。
ダイレクトレスポンスマーケティングはインターネットを活用することで、1.集客、2.教育、3.販売までのステップを自動で行うことが可能です。
ですから、24時間365日の売上の自動化を実現することが可能となるのです。



スポンサーリンク



-YouTube動画

Copyright© 大内雅司コンサルタント事務所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.