ブラック企業の特徴の見抜き方とその対応策!(ブラック企業からの解放)

目安時間:約 4分

【無料アフィリエイト・メール講座(特典配布)】

ブラック企業の特徴とその対策について

知りたくありませんか?

 

ブラック企業の特徴を見抜くことで

ブラック企業に人生を蝕まれないように

我々労働者側が知識を養う事が必要です。

 

ですからブラック企業の特徴の見抜き方と

そしてそれに対する対応策を解説していきます。

(ブラック企業からの解放)


http://samurai-tamashi.net/jtb/black-kigyou01 

 

 

ブラック企業に雇われストレスと疲労で心も体もボロボロ

になっていた私がなぜたった90日間で

こんな自由な生活をすることができるように

なれたのかその秘訣を知りたい方

いらっしゃいませんか?

知りたい方は、ぜひメルマガへご登録下さい。


http://samurai-tamashi.net/jtb/black-kigyou01 

 

 

ブラック企業の特徴

 

1.長時間労働

月45時間以上の残業が続く

これは「36協定」を無視しているケースが多い。

 

2.休日が少ない。

年間100日以下の休日の会社が少ないことからこのように判断できます。

 

3.同業他社と比較して給料が安い

元々の給料が安く設定されている。

「やりがい」とか「努力」とか都合のいい言葉を使って

アメをあげずに労働者にムチ打っているだけで

働きと報酬が比例していない。

 

4.残業代が出ない。

はなから残業代を支払う体制ではない。

(例)

●管理職には残業代が無い。(管理職だからの理由)

●残業代は最初から給料に含まれている。(固定残業代)

●最初から当社の労働時間は10時間となっている。(変形労働時間制)

 

5.パワハラが多い

●上司や社長は絶対である。

●「できないのはお前の責任だから残業してやれ!」

●全てが「減点主義」で「給料カット」されることが多い

 

6.その他

●簡単に入社できる。

●離職率が高く従業員の入れ替わりが激しい

 

以上の6項目を知るだけでもブラック企業であるかそうでないか

簡単に見抜けるようになれたと思います。

 

では、ブラック企業に雇用されている方へ対応策をお教えしますね。

 

 

ブラック企業への大きな3つの対応策

大きな3つの対応策とは

 

1.「改善する」・・・まだ会社を改善する余地がある。

 

労働基準監督署の力を借りることも良いでしょう。

2.「辞める」・・・思いっきり辞めてしまって新しい人生を送る。

 

3.「戦う」・・・労働者のために手軽に法的処置が行える「労働審判」というものがあります。

 

会社のブラック度合いなどを加味して、自分にあった対策を考えてみてください。


http://samurai-tamashi.net/jtb/black-kigyou01 

 



スポンサーリンク



【無料アフィリエイト・メール講座(特典配布)】

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイト一押し

人気投稿一覧
カテゴリー
トレンドYoutuber

大内雅司のトレンドYouTuber

売上があがるLINE@の使い方

売上があがるLINE@の使い方を無料でお教えします。

無料Facebook集客7つの戦略

Facebook 広告で最安値で顧客を獲得する7つの戦略

世界最先端の動画教材
正木瀬一塾・無料プレゼント
LINE@ATMシステムと豪華景品を無料でゲット

LINE@ATMシステムと豪華景品を無料でゲット

世界最強の成功哲学SMI人生の6分野

世界最強の成功哲学SMI人生の6分野への求道・藤岡穂積先生&大内雅司

広島LINE@集客研究所

広島LINE@ライン@集客研究所(広島LINE交流会)大内雅司

動画広告工房



動画広告工房

広島ランチ交流会・異業種交流会

広島ランチ交流会・異業種交流会

補助教材
1票お願いします!

ページの先頭へ